貿易実務の情報サイトらくらく貿易。用語、コラム、ニュース、セミナー情報、検定試験対策などを掲載した貿易実務のサイト。

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

銀行の営業担当者って何者?

pic_20161001_1

世の中には変わった手紙もあるもので、会ったこともない人から親展扱いで、「お世話になりました。こんど担当者が交代して、凸凹○△になりました。よろしくお願い申し上げます。」と言ったDMが来ることがあります。

お世話してもらったことなど無いのに、と、薄気味悪くなったことはありませんか。今回はそんな銀行の営業担当者のお話です。

銀行で担当者には、二種類あると考えて下さい。

一つ目は仕事の担当者です。業務担当者とも言います。預金、融資、外為と言った銀行業務を担当している人です。これは分かり易い話だと思います。もちろん担当者が交代しても、DMなどは来ません。

二つ目が今回お話しする、営業担当です。この担当者は交代すると、DMが親展で来るのです。

それにしても「私の何を担当しているの?」こんな疑問がふつふつと沸いてきます。実はこの担当者が担当しているのは、貴方自身ではなく、貴方が銀行にもたらしてくれるはずの、利益や実績を管理する担当者なのです。

管理する対象が対象なので、大して旨みがないと判断すると、何もしてきません。音沙汰なしです。それなら放っておいてくれればよさそうなものですが、何かあった時に、よその銀行に行かれては大変なので、最低限のDMはよこします。(担当者交代はその一つというわけです)

さてこんな担当者(と呼んで良いものか)への対応は、どうすれば良いと思いますか。
結論から言うと、「何もしなくて結構です。」

DMはそのままゴミ箱へ、電話は無視、万一こちらに来ても「今、忙しい。」と断れば、それで充分です。
彼ら彼女らの提案は、まず100%ちらの役に立ちません。人によってはせっかく言って呉れているのに、申し訳ない気がする。と、心優しく考えたり、万一銀行に用事があった時に、いきなり行くより、良い扱いを受けられるのでは、と考えたりする人もあると思います。しかしそんな心配いりません。

最初にお話ししたように、銀行の仕事には、それぞれ業務担当者がいますので、その人と個人的なつながりでもない限り、営業担当者に話をしても、単なる取次しかしてくれません。

この営業担当者なる存在。表向きはどこまでもお客様の担当の位置付けですが、実際はそのお店の実績の担当者です。ある意味薄気味悪いDMが、忘れたころにやってくるのは、このようなからくりからなのです。

貿易と銀行実務の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら