海外送金と国内送金の違いはなんでしょうか。いまさらと思われるかもしれませんが銀行の窓口で海外送金を受けると、ここは本当にポイントだなあ、注意しないといけないなあ、と思う点があります。|これは注意!海外送金のポイント

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

これは注意!海外送金のポイント

pic_bank_20170707

先月、とある財団法人で、小口輸入事業者向けセミナーがありました。偶々そこで講師をする機会があり、海外送金のお話しをしました。

銀行の実情にも触れた内容にしましたので、皆さんのお役に立つのではと思い、二回に分けてご紹介いたします。

先ず一回目の今回は、海外送金と国内送金の違いです。

両者の違いは「ものの本」には詳しく書かれており、皆さん、いまさらと思われるかもしれません。

しかし銀行の窓口で海外送金を受けると、ここは本当にポイントだなあ。と思う点があります。皆さんは、何だとお思いになりますか?

市販本やテキストには、いろいろなことが載っていますが、この点はあまり触れられていません。では一体何でしょうか。

もったいぶらずに言うと、それは「時差」の問題です。「なぁーんだ。」と思われるかもしれませんが、この点を意識されているお客様は本当に少ないです。しかし時差の問題はなかなかに厄介なのです。どう厄介なのか具体的に見てみましょう。

皆さんは時差と聞くと、イメージするのは欧米諸国ではありませんか。つまり時差とは、日本時間の後、それらの国が同じ時間を迎える。こんなところだと思います。この考え、東南アジア以東であれば正しいと思います。ところが世界には、このイメージと真逆の国があります。

すなわち日本の時間よりも、先に時間が進行している国です。これらの国に送金しようとすると、厄介な問題が出てきます。実際に考えてみましょう。

「シドニー(豪州)へ豪州ドル建ての送金を行う。」この場合はどうでしょうか。シドニーとの時差は1時間です。日本時間の午前9時は、現地の午前10時です。しかも日本の銀行で豪州ドル当日相場が決まるのは、早くても午前11時過ぎです。つまり朝一番に銀行の窓口に行っても、11時までは実際の手続きができません。ようやく手続き開始した時には、すでに現地は正午と言うわけです。

10月になれば先方はサマータイムでさら1時間早くなります。こうなると、当日中の着金はほぼ不可能になります。さらに付け加えれば、オークランドと言う都市があります。この都市があるニュージーランドは、日本との時差が何と3時間。日本の午前9時が、現地では正午です。ニュージーランドドルでの当日着金は、最初から無理筋と言えます。

ここまでお話すれば、たいていの人は当日着金にはこだわらない。翌日に着けば良いではないか。と言われそうです。それも一つの見識で、常識的な線だと思います。が、翌日が銀行休業日だったらどうでしょうか。さらにイースターやクリスマスのように連休になる場合は、送金到着は最も速くて5日後(土日含む)になります。

こんな状況でも、鷹揚に構えていられるでしょうか。私だったら受取人に一言連絡せざるを得ません。

このように一口に時差と言っても、問題の所在は様々です。海外送金を依頼する場合はトラブル回避も兼ねて、時差にも気配りすることをお勧めします。

2017/07/07

貿易と銀行実務の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら