銀行はどんな状態なのか。「会議は踊る。されど進まず。」1814年のウィーン会議を評したものです。銀行の会議は大きく分けて、全行的な会議、地域ごとのブロック会議、営業拠点(主に支店)内での会議といった規模別のもの。営業や融資、外為推進会議といった担当部門別のもの、若手中心あるいは中堅中心の会議といった年次別のものがあります。|銀行の会議は踊る?

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

銀行の会議は踊る?

pic_bank_20180417

「会議は踊る。されど進まず。」という有名な言葉があります。

1814年のウィーン会議を評したものです。
今でも会議漬け状態の「自虐ネタ」に使われるようです。

どんな会社でも打ち合わせ(=会議)は必要なので、気づくとこの状態が現実のものとなっています。

では銀行はどんな状態なのか。今回はその様子です。

銀行の会議は大きく分けて、

・全行的な会議
・地域ごとのブロック会議
・営業拠点(主に支店)内での会議
といった規模別のもの

・営業や融資、外為推進会議といった担当部門別のもの
・若手中心あるいは中堅中心の会議
といった年次別のもの

このように様々な会議が、年間を通して開催されます。

これらは業務の忙しい時を外して開催されますので、どうしても似たような日にち設定になっています。これだけで充分に会議漬けの日々が続きます。実際に翌月の予定表が会議の日程から埋まっていく。他の予定は会議のない日から選ぶ。こんな笑うに笑えない状態になっていました。

これでは仕事は何時するんだ!と突っ込みたくなります。もちろん会議のテーマは、事前に通達で明らかになっていますが、ただ通達を読んで参加すれば良い、というものでもありません。

会議で示達(じたつと読みます。時代がかった表現です。)された内容は、店に戻り全員に周知徹底し、一定の結果を出さねばなりません。しかし会議での示達事項はハードルが高いものが多く、往々にして店に戻ったらどうしようかと、店への帰り道アレコレ悩んだものでした。

こんな外部での会議の以外に、内部での会議(部内会議とか店内会議と呼んでました)があります。半期に一度、主に期初に全行会議を受けて行われる全体会議、営業担当者(渉外、融資、外為)が対象の月例の営業会議、毎朝行う情報共有を主目的とした連絡会議、これらが入り乱れて開催されます。

いずれも話すことを用意していかないと、針のむしろになってしまいます。このネタ探しが結構大変です。至急の案件は対応済みで、今更報告でもありませんし、のんびりした話では、自分の営業活動レベルが疑われてしまいます。
結局ネタ作りの営業に走り回ったり、少ないネタを小出しにするという、なんともいじましい話が、あちこちで聞こえていました。

こういった会議多過ぎ状態は大変問題視されて、会議数の削減や会議時間の短縮といった、対応策も検討されました。しかし今度はその検討のための会議とか準備とかが必要となり、他のことをする時間が無くなるといったことにもなりました。

これを「会議は踊る。されど進まず。」とは言い得て妙だと、独りごちたのも宜なるかなです。今回はそんな銀行の会議についてでした。

2018/04/17

貿易と銀行実務の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら