外為ではお客様からの依頼を営業店で受け付け後、それらの書類は外為センターと呼ばれる集中拠点で処理します。その後、外為センターで処理された書類や情報が、海外へとつながれていくわけです。メガバンクの場合は東日本と西日本、さらに中京地区の、3拠点体制が多いようです。専用の鍵付きバッグが用意されていて、営業店と外為センターとの間を行き来します。|外為での書類の流れ:センターと各営業店

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

外為での書類の流れ:センターと各営業店

pic_bank_20180424

銀行というと何でもオンライン!というイメージがあります。

これって嘘ではないのですが、全部本当ともいえません。

もっと泥臭い部分があります。今回はこの泥臭い部分。見てみたいと思います。 ところで何が泥臭いのかと言えば、それは物流の部分です。

外為センターでは、海外と書類のやりとりを頻繁にします。

さらに各営業店の間でも、常時書類をやりとりしています。一辺に両方をお話しするのは難しいので、ここのところを二回に分けてお話しします。

まず一回目の今回は、外為センターと各営業店の間のやりとりです。

各銀行で濃淡はありますが、やりとりの方法はその銀行内では一緒です。東京する。大阪しない。これは先ずありません。逆に言うと、どこの店のお客様であれ同じように対応します。

預金・融資もそうですが、外為も勿論その例外ではありません。お客様からの依頼を営業店で受け付け後、それらの書類は外為センターと呼ばれる集中拠点で処理します。その後、外為センターで処理された書類や情報が、海外へとつながれていくわけです。

この外為センター、銀行によって一つであったり複数だったりします。メガバンクの場合は東日本と西日本、さらに中京地区の、3拠点体制が多いようです。

さてこれら3拠点と各営業店との外為書類のやりとりですが、営業店からの書類は、外為センターでしか対応しませんので、中継拠点は単なる通過点です。途中で点検はしていません。このため専用の鍵付きバッグを用意します。このバッグが営業店と外為センターとの間を行き来します。

これで両者は直接やりとりすることになります。こうすればスピードアップが図られるとともに、紛失等の事故防止が期待できます。さらに面倒ですが専用袋を各店ごとに用意し、専用袋が他所の店を回遊しないようにします。
これで空袋が行き来する可能性はあるものの、他店への袋の誤配や、混入が防げることになります。

このシステムは想像以上のスピードが確保できていました。遠隔地店と呼んでいましたが、北海道の店舗や南九州の店舗でも、当日の夕刻発送すれば、翌日の午前中には到着していました。さらに取り扱いの多い店は、日に複数回(だいたい3回)袋のやりとりをしていましたので、お客様にしてみれば営業店で処理をして貰うのと、同じぐらいか、もしくはそれよりも早く、海外への発送がなされることになっていました。

よく事務の基本は「正・速・美」といいますが、それを支えるのは一定のスキルを持った役職員であり、整った 執務環境・執務体制です。

この観点から見ても、専用袋での外為書類のやりとりは、理にかなったものといえますし、いくらペーパーレスが進んでも、外為書類がなくなるとは思えませんので、今後も一定のニーズはあると思います。

2018/04/24

貿易と銀行実務の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら