DAP (Delivered At Place)についての貿易用語解説。貿易実務の情報サイト「らくらく貿易」。|DAP (Delivered At Place) 貿易用語集

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

貿易用語集

DAP  Delivered At Place

ディーエイーピー
到着地指定場所渡しのこと。 INCOTERMS 2010で新設。

DATとほぼ同様ですが、港湾地区ターミナルからさらに買主指定の内陸地点まで貨物の運搬・リスク負担及び費用負担を売主がする場合の持込み渡し規則。運送手段の上で荷卸しの準備ができた段階でリスク・費用負担が売主から買主に移転する。

輸入通関に関わる費用及び引き渡し後のリスク・費用は買主負担。

以前のDDUの変形として、到着地でのターミナル料が売主負担であることを明確にするためにDAPが新設されました。
(INCOTERMS 参照)

貿易用語 索引

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら