EU競争法で問題の各種サーチャージは、日系3社だけでなく、欧米の大手航空フォワーダー10社もEU競争法の制裁対象となっています。貿易実務の情報サイト「らくらく貿易」|EU競争法に航空フォワーダーは違反!?

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

航空フォワーダー、EU競争法に違反 

3/29読売新聞経済面に小さく出ていた記事に目が留まりました。

この記事によると、中国発欧州向け航空貨物運送で価格カルテル、具体的には、航空フォワーダーが結託して燃油サーチャージの値上げを事前に合意していた、つまり「独禁法違反」で制裁金措置。

センセーショナルな記事ですが、少々補足する必要もあるように感じます。

日系3社だけでなく、欧米の大手航空フォワーダー10社も制裁対象となっており、世界的な問題として根深い問題をはらんでいるように感じます。

問題の各種サーチャージは、航空会社が市況の変動に応じて、運賃本体に上乗せする形で、フォワーダー経由で荷主あてに請求されます。フォワーダーとして、この立替を少なくしたいとの協議が制裁対象のようです。

値上げを決めているのは航空会社であり、フォワーダーは、受取り代行をしているだけで、独禁法に触れるとの認識が薄いことも指摘されています。

関連コラム:
国際運賃割増料 2009/4/14

2012/04/09

国際物流ナビの関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら