大型コンテナ船(25,836トン)の左舷後部に大型貨物船(77,211トン)の船首部分が食い込み、自力運行が出来なくなった事故が伊豆諸島沖でありました。|コンテナ船の事故 伊豆諸島沖 貿易実務

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

コンテナ船事故 

先月7月27日未明、伊豆諸島沖で大型船同士の衝突事故がありました。
大型コンテナ船(25,836トン)の左舷後部に大型貨物船(77,211トン)の船首部分が食い込み、自力運行が出来なくなった事故でした。
テレビニュースで放映されていましたが、コンテナ船左舷後部に積まれていたコンテナが落ちそうになっている映像でした。

今回は、コンテナ流失などの事故にはならずによかったですが、海上輸送にはリスクがあることを再認識させられました。海上コンテナに貨物を積み込み、本船積みされれば自動的に貨物が目的地に配達されると思われ勝ちですが、航海途上でさまざまの危険に遭遇することを念頭に入れたリスク対策が必要となります。

関連コラム:
海難事故 2006/5/12

2007/8/21

海運の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら