2007年世界主要港でのコンテナ取扱いランキングが発表されました。|コンテナ取扱量 ランキング 貿易実務

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

コンテナ取扱いランキング 

2007年世界主要港でのコンテナ取扱いランキングが発表されました。
(単位:1,000TEU、出所:Containerization International)

1位 Singapore (27,932)
2位 上海、中国(26,150)
3位 香港、中国(23,881)
4位 深セン,中国(21,099)
5位 釜山、韓国(13,270)
6位 Rotterdam, Netherlands(10,791)
7位 Dubai, UAE(10,653)
8位 高雄、台湾(10,257)
9位 Hamburg, Germany(9,900)
10位 青島、中国(9,462) 
 
中国、韓国をはじめアジア発着の荷動きが活発化してきています。
特に、上海港の急成長(前年比20%以上)が顕著であり、2008年には世界第1位になるものと予想されています。
これに対して、日本の主要港は、前年比マイナスと順位は後退しており、漸く25位に東京港(3,818千TEU)がランクされているのが現状です。
これの改善のために、域内経済提携も含め、中国、韓国、日本間での東アジア物流圏構築などの検討が行われています。

関連コラム:
コンテナ貨物の動き トップ10に中国の港は、実に6港 2011/10/12
コンテナ荷動き量 2010/7/15
海上コンテナ貨物荷動き 2009/8/5
物流ビッグバン 2007/1/15
中国の2005年度コンテナ取扱量統計 2006/1/20

2008/5/15

海運の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら