日本発米国向けコンテナ数は、中国に次いでアジア2位を維持してきましたが、4月実績で、韓国発コンテナ数が日本発の数値を超えました。|韓国のコンテナ取扱量 貿易実務

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

海上コンテナ貨物荷動き 

日本発米国向けコンテナ数は、中国に次いでアジア2位を維持してきましたが、4月実績で、韓国発コンテナ数が日本発の数値を超えました。
コンテナ取扱量の統計を開始した1995年以来初めてのことと報じられています。

2009年3月度:(TEU 参照)
韓国発 ・・・ 42,560TEU 
日本発 ・・・ 42,568TEU 
台湾発 ・・・ 35,356TEU 

2009年4月度:(TEU 参照)
韓国発 ・・・ 43,194TEU 
日本発 ・・・ 40,847TEU 
台湾発 ・・・ 34,189TEU 

世界不況の影響によるものですが、この傾向は、5月も同様であり、台湾発にも抜かれております。
2009年5月度:(出所:日本海事センター速報値)(TEU 参照)
韓国発 ・・・ 40,752TEU 
日本発 ・・・ 34,231TEU 
台湾発 ・・・ 36,838TEU 

関連コラム:
コンテナ貨物の動き トップ10に中国の港は、実に6港 2011/10/12
コンテナ荷動き量 2010/7/15
コンテナ取扱いランキング 2008/5/15
物流ビッグバン 2007/1/15
中国の2005年度コンテナ取扱量統計 2006/1/20

2009/8/5

海運の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら