マラッカ海峡で活躍している航路標識の専門家について読売新聞で紹介しています。貿易実務の情報サイト「らくらく貿易」。|航路標識の専門家

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

航路標識の専門家 

マラッカ海峡で活躍している航路標識の専門家・佐々木生治さん。
読売新聞(2013-06-23)ワールドレビュー欄)に紹介されています。

タンカーやコンテナ船が往来する海峡の全長は約900キロもあり、最も狭いところでは5キロほどの幅しかなく、浅瀬も多い海峡です。
この細長い難関の海峡を通過するすべての船は浮標や灯台などの航路標識を頼りに航行しています。

佐々木さんは航路標識を点検する技術を20年以上にわたってインドネシアの人々に教え、海上の安全に協力しています。

日本にとっても石油など多くの貨物が通過する重要なシーレーンであり、このサプライチェインの要所を守るため財団法人マラッカ海峡協議会が
さまざまな支援を行っています。

2013/06/26

国際物流ナビの関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら