申込人についての貿易用語解説。貿易実務の情報サイト 「らくらく貿易」。|申込人 貿易用語集

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

貿易用語集

ゆにゅうしんせいしゃ・ユニュウシンセイシャ 輸入申請者

外為実務用語。
外為では金融機関に取引の申し出をする者を指す。

申込人のことを外為以外ではClientが用いられるようだが、外為では
Applicantが多い。特に送金関係で多い。

また信用状取引では、輸出入ともにOpenerもよく目にする。

ワンポイント:
昨今の金融情勢で、金融機関の窓口では、特に取引内容の確認と並んで重要なのが、本人確認。

金融機関の店舗窓口に来店した者が、取引依頼人本人であることの確認と同時に、依頼人そのものが実在する者かどうかの確認も、取引のつど行っている。

銀行や役所に行くときには、念のため印鑑と本人確認資料は持って行った方が良い。というのは、あながち誇張した話ではない。

貿易用語 索引

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら