いよいよTPP交渉も大詰め。世界の貿易自由化交渉もWTOからEPAに代わってしまうのでしょうか。貿易実務の情報サイト「らくらく貿易」。|世界の貿易自由化交渉、どこへ向う?

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

世界の貿易自由化交渉、どこへ向う?

「日豪EPA交渉、大筋合意」

これで難航するTPPの日米交渉も加速、いよいよTPP交渉も大詰めでしょうか。

最近の貿易自由化交渉の報道はEPAが主役となっています。
WTO(ドーハ・ラウンド)についてはすっかり忘れ去られたかのようです。

12年もの長丁場の交渉だけにあまりニュースバリューがないのでしょう。
残念ながら貿易自由化の画期的な成果が得られていないためです。

■貿易自由化交渉の質が変わってきている?
立場が違う約160カ国の最大公約数を協議するWTO方式の限界なのでしょうか。

・交渉しやすい相手を選ぶ
・戦略的にEPA貿易自由化圏づくりを競い合う
むしろ、世界各国はWTO交渉に見切りをつけているかの如くの状況です。

■乱立するEPA
TPP交渉だけではありません。
TPPの欧米版もあります。(TTIP 環大西洋貿易投資協定)

アジア地区もASEAN+3とかASEAN+6(RCEP)の動きもあります。
さらに広域なFTTAP構想もあります。

WTOもEPAも貿易自由化をめざしていることには違いありません。
しかし、「この指とまれ」に向かっているように思えてなりません。

これでは途上国は仲間に入れず、貿易自由化の恩恵にあずかれないことになります。
世界中が参加できるWTO交渉の枠組みを前進させることも必要だと思います。

関連記事:
世界の通商交渉、決められないWTOが原因か 2013/04/25
米欧FTA交渉開始で合意、巨大市場が誕生する! 2013/02/20

2014/04/08

世界の動きの関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら