電子マネーやそれに付帯したポイントカードですがフランスではどのように流通しているのでしょうか。フランスで暮らすなら現金より持っていたほうがいいものがあります。それはカルトブルーという銀行口座に付帯したカードです。口座を開設すると貰えるカードでATMの引き出し機能とVISAのクレジット機能がついているものが一般的です。|フランスでは現金?カード?電子マネー?

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索
公開日:2020.03.07

フランスでは現金?カード?電子マネー?

pic_france_20200307日本では、浸透してきている電子マネーやそれに付帯したポイントカードですがフランスではどのように流通しているのでしょうか。

現金を持ち歩かないフランス人。

フランスで暮らすなら現金より持っていたほうがいいものがあります。

それはカルトブルーという銀行口座に付帯したカードです。口座を開設すると貰えるカードでATMの引き出し機能とVISAのクレジット機能がついているものが一般的です。

フランス人は、買い物をする時の支払いは、ほとんどこのカードで済ませています。支払いをしたら2日以内に銀行口座から引き落とされるシステムになっています。

現金で支払う場合、100€以上の大きな金額のお札での支払いはお店が偽札か確認することも多く、時に断られる場合もあります。日本よりずっと前から、カードで支払いが一般化しているフランスです。

日本の様にチャージして使う電子マネーは今のところフランスでは一般化していません。すでにカルトブルーでの支払いが浸透しているのが大きな理由の一つだと思います。

カードで、ここ数年出てきた機能があります。支払いをするとき、4桁の暗証番号をいれないでカードをかざすだけで支払いを済ますことのできるサン コンタクトというものです。紛失した時の悪用を防ぐため限度額は20€など少額の買い物の時にのみ使用可能です。バゲットや一杯のコーヒーの支払いの時にはこの機能はわりと便利なのです。

現金よりもカードがないと買い物に困るフランスです。カード支払いに関連付けたポイントのサービスは行っていません。

またネットショッピングなどのカード決済時、携帯にSMSでワンパスワードが送られてきてそれを入力しないと決済できない時もあります。これも第三者の悪用を防ぐために作られたセキュリティ機能です。

フランス人のカバンの中身は、カルトブルーと小銭入れだけという事も多く日本のように、長財布を持っている人をあまり見かけせん。

国が違うとカードや現金の流通の仕方も違ってくるのは面白い発見です。日本もカードでの支払いが一般的になる日も近いのかもしれません。

2020/03/07
エヴルー由布子
フランス在住

海外:フランスよりの関連記事

らくらく貿易は東京都主催「2020TDM推進プロジェクト」に参加しています。

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る



節税&投資教科書"

ビジネス書籍ランキング2位。当サイトパートナー総合会計事務所emz代表執筆