クーリエ貨物についての貿易用語解説。ドアツードアでの一貫輸送サービス・国際宅配便を利用した航空貨物のこと。貿易実務の情報サイト 「らくらく貿易」。|クーリエ貨物 貿易用語集

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

貿易用語集

公開日:2013.01.23  / 最終更新日:2020.09.08

くーりえ・クーリエ

Courier Cargo
ドアツードアでの一貫輸送サービス・国際宅配便を利用した航空貨物のこと。クーリエ。
クーリエとは外交文書を運ぶ飛脚便に由来している。

緊急を要する書類または重量・容積の少ない小口貨物の場合に利用される。クーリエでは一般に、価格が少額な書類や小口貨物をマニュフェスト通関(簡易通関)している。そのため、迅速に通関できるが、送れる貨物の内容が限られてしまう。

代表的なクーリエ会社はFedEx、DHL、UPS、OCSなど。なお、国際郵便であるEMSはクーリエではない。

関連用語:
Integrator
Door to Door

貿易用語 索引

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る



らくらく貿易は東京都主催「2020TDM推進プロジェクト」に参加しています。