貿易実務の情報サイトらくらく貿易。用語、コラム、ニュース、セミナー情報、検定試験対策などを掲載した貿易実務のサイト。

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

外貨でお金を借りるインパクトローン活用法

銀行からお金を借りるとき、
だれも何の通貨で借りようか。とは考えたりしません。
日本円に決めているからです。

ただ日本円以外が良い場合もあります。
今回はそんなときの、外貨でお金を借りるお話です。

銀行では外貨での貸し出しを「インパクトローン」と呼びます。
(和製英語です。外人さんには通じません。恐らく。ご注意を。)

本当は通貨の種類制限はないのですが、
現実には米ドルやユーロ、英ポンドが大半です。
借入手続きは、日本円の借り入れと全く一緒で、
銀行の審査が下りればそれでOKです。

ただ銀行には、なぜ外貨なのか。の説明は必要かもしれません。

インパクトローンには期間や金額、返済方法の制限はありません。
銀行に必要書類を提出して、借入実行日に外貨を受け取るだけです。

さてこのインパクトローン。資金使途にも制限はありません。
そのため過去には外貨金利が円金利より低いときをねらって、
円資金調達の代替品扱いをしたこともありました。

現在は円金利マイナス状態ですから、このパターンはありません。

代わって為替リスクヘッジ策として、使われることがあります。
輸出業者さんのように外貨債権がある人にとって、
為替リスクとは、相場が円高に行ってしまうことです。
(円高になると、円転したときに受取額が減ってしまいます。)

これへのヘッジといえば、円転の為替予約がまず頭に浮かびます。
為替予約も銀行の与信の一種なので、
銀行の対応はインパクトローンと大差はありません。

が、利用する側からみれば、
約定レートに含まれる為替手数料が馬鹿になりません。

あまり大きな声では言えませんが、
直物と違って先物はベースレートがわかり難いので、
此処の部分で私もだいぶ稼がせてもらいました。

その点、インパクトローンにすれば、
返済ないしは内入れするときに、円で用意するか外貨で用意するかは、
皆さんの自由なので、銀行はもうける場面が限られてきます。

例えば円預金を使い外貨で返済するのであれば、
直物相場が適用されるので、先物に比べて分かり易いです。
さらに回収した外貨建て輸出代金で返済、内入れするのなら、
その部分での為替リスクはゼロになります。
(これを為替マリーと呼びます)

為替マリーは海外の取引相手との交渉は不要であり、
返済、内入れの金額割合は、自分で自由に決められます。
(銀行は面倒でしょうが)

このようにインパクトローンは、お役にたつことがあります。
特に外貨債権が常時発生する事業者にとっては、
インパクトローンを一定程度持っておくのは、
有効な為替リスクヘッジになると思います。

銀行の担当者に単純にインパクトローンの話を聞いても、
うやむやにされるかもしれません。

でも為替リスクヘッジのためと、目的を明確にして、
それへの銀行提案を用意させるというのも、
一つの付き合い方だと思います。

2016/05/30 貿易実務の情報サイトらくらく貿易

貿易と銀行実務の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら