銀行はどんな立派な案件でも、採算が取れなければ、審査はボツとします。いくつかの融資審査を経て、最後のポイントは何か、を考えてみます。 |銀行融資の審査、最後のポイントは?

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

銀行融資の審査、最後のポイントは?

銀行の融資審査ポイントの最終回。
今回は「他にメリットはありませんか」です。

銀行はいつの時代でも「儲けてなんぼ」の世界です。
どんな立派な案件でも、採算が取れなければ、
銀行審査はボツ!となります。

よく銀行の仕事は「お役所仕事」と揶揄されますが、
採算重視という点では、「お役所仕事」とは決定的に違います。
(昨今では、お役所と言えども民間の力を借りて、
採算にも配慮した事業も行っているようですが・・・。)

ところで銀行営業の現場にいると、
これではとても(銀行として)採算が取れないとか、
(銀行として)採算が見通せないといった案件でも、
審査が通ることがあります。

これはどういうことでしょうか?

銀行が、内容に感激して採算度外視でOKした。(ん!?)
あるいは、
銀行全体で融資のバーゲンセールをやっていた。(さらに!?)

どちらも、ちょっと変ですね。
もちろん銀行はこんなことで、OKしたわけではありません。

ではなぜOKになったのでしょうか。
じつは銀行には「総合採算」という考え方があります。

この考え方は簡単に言うと、
その案件だけでは、どうあがいても赤字の場合でも、
その顧客との取引全体で見たら、
あるいは他の要素も入れて考えると採算に乗る。

こうであれば審査は通そうという考え方です。
これには具体的には、二つのアプローチがあります。

一つ目は、いろいろな取引を自分の銀行に引き込んで、
文字通り総合的に採算を確保しようというものです。

これはある意味当たり前の話でして、
たとえ単体ベースが黒字でも、
その融資だけでは、やがてじり貧になってしまいます。

よってここの部分、銀行としても外せないので、
既に取引すべてを、そこの銀行に持ち込んでいるのでなければ、
相当強烈な折衝を仕掛けてきます。

その代りここをクリアーすると、
審査が完了するという場合が多いのも事実です。

二つ目は取引内容を充実させて、
採算を向上させるというやり方です。

法人名義で融資申し込みをしているのであれば、
個人取引(たとえば社長や役員)を依頼する。とか、
従業員取引も依頼する。といった具合です。

ただしこの方法は、銀行の優先的地位の濫用(らんよう)という、
難しい問題を含むため、明確には依頼できません。

せいぜい「社長さんの取引銀行はどちらですか?」とか、
「従業員さんの給与振込。どこの銀行が元受ですか?」と、
聞くぐらいです。

もしこんな質問が飛んできたら、
相手としては採算面を問題としている。

つまり他のポイントはクリアーしている。と考えて下さい。

何れの場合でも、担当者段階では審査をOKとしていますので、
担当者が動きやすいような環境になれば、
結果として自分の依頼も通り易くなるという構図ですので、
もうひと踏ん張りと考えてもらえばよいと思います。

2016/07/9 貿易実務の情報サイトらくらく貿易

貿易と銀行実務の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら