日本からの輸出品に対する放射線検査の件について緊急ご報告いたします。食品だけでなく、日本発の工業品に対しても、輸入制限が拡大しています。|輸出時の放射線検査 貿易実務

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索
公開日:2011.06.23  / 最終更新日:2016.06.28

輸出貨物検査 

日本からの輸出品に対する放射線検査の件について緊急ご報告いたします。
食品だけでなく、日本発の工業品に対しても、輸入制限が拡大しています。

商工会議所での証明書類だけでなく、輸出前の自主検査を要求するなど、世界各国からの要求が厳しくなっています。
本日の読売新聞朝刊によりますと、日本政府として早期に対応する必要があると判断、経済産業省が放射能レベルの自主検査費用の一部を補助し、中小企業の負担軽減をはかる方針を固めたとの報道がされています。

イタリアに輸出された愛媛県産タオルが、放射線検査を受けていないことを理由に、一時輸入差し止められた実例も紹介されています。

ワンポイント:
新聞記事では放射線測定費用として、1回あたり数万~10万円程度もかかることが紹介されています。
弊社が最近調査した事例もご紹介いたしておきます。
基本料金\80,000/1件、プラス交通費 
(90km以上の場合、出張費として\12,000/日)

関連コラム:
日本産食品の輸入規制 イタリアでの最新事情 2011/9/27

2011/4/15

貿易コラムとりあえず保存の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る



アフターコロナ社会の新しい課題を解決しようとするユニコーン起業家へ!