8月1日現地通関分からオーストラリア向け合板・ベニヤ板製のパレットなど梱包材、ダンネージ材の規制強化が発表されています。オーストラリア政府独自の植物検疫手続きに従った厳しい規制措置となった模様です。 |植物検査 国際植物防疫条約

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

豪州向け合板梱包材 

8月1日現地通関分から豪州向け合板・ベニヤ板製のパレットなど梱包材、ダンネージ材の規制強化が発表されています。

豪州政府は、国際的な木材梱包材の検疫規制の基準(ISPM)による輸入規制を実施するとともに、独自の植物検疫も行ってきています。
今までは、合板作製日などを届け出る書類手続きのみで輸入可能でしたが、今後は、豪州政府独自の植物検疫手続きに従った厳しい規制措置となった模様です。

関連コラム:
木製梱包材規制 2008/7/25
木材梱包材の消毒処理 2007/3/15

2009/7/24

貿易コラムの関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら