EU規定の変更が行われ、原産地証明書が不要となりました。しかし、輸入者側 の事情によっては原産地証明書を求められるケースがあります。貿易実務の情報サイト「らくらく貿易」。|EUへの輸出と原産地証明書

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

EU向け貿易実務「原産地証明書」

EU向けに繊維製品を輸出する時は、必ず輸入者から原産地証明書の提示を求められていました。昨年10 月、EU規定の変更が行われ、原産地証明書が不要となりました。

しかし、輸入者側 の事情により、原産地証明書を求められるケースもあります。
このような場合、商工会議所でこれまで通り、証明書を発給しています。

EU向けに繊維製品を輸出される方は、事前に輸入者に証明書が必要かどうか確認をされることをお勧めします。

関連コラム:
特定原産地証明書 2011/11/24

2012/2/1

貿易コラムの関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら