食品衛生法が改定され、輸入食品用容器・包装器具の試験方法がかわります。貿易実務の情報サイト「らくらく貿易」。|食品衛生法の改定

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

食品衛生法改正6月から適用

輸入食品用容器・包装器具の試験方法が6月29日から改正となります。
合成樹脂製(ポリスチレン)やシリコンゴム製の容器・包装器具の場合は新しい試験法で検査が行われます。

輸入販売されるすべての食品容器や器具は、食品衛生法で有害物質が含まれていないことの確認検査を義務づけ、「食の安全」を守っています。

なお、6月28日までに製造・輸入されたものについては、現行の試験方法での検査となります。詳しくは専門の検査会社にご相談ください。

関連コラム:
輸入手続きをスムーズにする方法 2013/02/25

2013/4/20

貿易コラムの関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら