突然に関空税関から電話、「カメルーンの方への来日招聘状にサインされましたか?」まったく、身に覚えがないので、 きょとん。情報過多の時代は怖いですね。|情報過多の時代は怖い 貿易実務

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

情報過多の時代は怖い

突然に関空税関から電話、「カメルーンの方への来日招聘状にサインされましたか?」まったく、身に覚えがないので、 きょとん。でも、急に思い出し、「そう言えば、数日前にJETROから紹介を受けたので、ビジネスの話しに訪問したいという メールがきていましたよ、でもまだ返事をしていませんが」

税関、「そうですか、貴社名でのLetterを持ってきたのですが、そのサインが実にへたくそで、念のためと思って電話で確認したのです、身柄保障されますか?」、「まったく面識もないし、日本に呼んでもいません」といったやり取りの挙句、。。。当然、入国拒否・強制送還の手続きが始まった。

でも、当の本人から電話が何回も。悪びれもせず、「なんとかして欲しい」、「見ず知らずの人の保障なんてできないし、イリーガルなことをする会社ではありませんよ!」
同じような電話がカメルーン本国の会社から、友人と称する人からとリンリン。。。 2日間も関空に居座ってごねている間にしょっちゅう電話がくる。

ようやく、3日目にバンコクに国外退去になった。バンコクからまた電話が、「いま着いた。ホテルがどうしたらいい?」
5日目に、メールが。。。”カメルーンに帰国しました。今回は無駄な旅費を使ってしまった。でも、貴社とはぜひ取引をしたい”なんてメールが飛んできました。それから1ヶ月後くらいにアメリカの輸入商社と称する人から突然に電話。カメルーンの友達から電話番号を聞いた、取引がしたい。。。情報過多の時代はこわいですね。

関連コラム:
国際詐欺にご注意を 2006/1/20

2005/5/30

リスク管理・コンプライアンスの関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら