どのような場合を“不可抗力”と認めるか、法律上必ずしも明確にはなっていません。|不可抗力とリスクヘッジ 貿易実務

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

リスクヘッジ

どのような場合を“不可抗力”と認めるか、法律上必ずしも明確にはなっていません。
一般的には、台風、地震などの天変地異、戦争・ストライキ等に起因した船積遅延など契約不履行について、売主が責任を負わない旨の規定をします。

同時に、不可抗力が継続する間、売主の船積履行を猶予するとの規定や、不可抗力が長期間にわたる場合、契約を終了できると規定しておくなど、リスクヘッジをしておくことをお勧めいたします。

関連コラム:
不可抗力を理由に免責? 2009/6/25
貨物保険は必要か? 2009/4/24
契約違反トラブル 2007/2/27

2009/6/25

リスク管理・コンプライアンスの関連記事

らくらく貿易は東京都主催「2020TDM推進プロジェクト」に参加しています。

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る



節税&投資教科書"

ビジネス書籍ランキング2位。当サイトパートナー総合会計事務所emz代表執筆