海運運賃は、需給バランスにより決定されていることを認識しておくことが必要だと思います。|海運運賃と国際取引リスク

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

国際取引リスクとして認識しておくこと

船舶のスペースは一定であり、効率経営の観点から、できるだけ高い運賃の貨物を多く積みたいと考えるのは当然です。
資本主義経済では当たり前のことですが、国際運賃は、需給バランスにより決定されていることを認識しておくことが必要だと思います。

1970年代に2回経験したオイルショック当時は、一気に需給バランスが逆転したために、運賃の高い貨物から優先的にスペース割当となり、その結果、船舶の運行ルート・寄港地の変更が頻繁に起こり、大混乱の状況が続きました。
同じような状況が最近の海運需給バランスの変化にも表れており、先物契約を締結する際には、国際取引リスクとして十分に認識しておく必要があります。

関連コラム:
海運同盟 2010/11/5

2010/3/23

リスク管理・コンプライアンスの関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら