WTO(世界貿易機関)が進めている新多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)は、多国間協定のため打開策が見つからず、ついに暗礁に乗り上げ、事実上、凍結状態になっています。|世界貿易機関のドーハラウンド 貿易実務

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

貿易協定

WTO(世界貿易機関)が進めている新多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)は、多国間協定のため打開策が見つからず、ついに暗礁に乗り上げ、事実上、凍結状態になっています。

一方、世界各国は、急速に比較的合意に達しやすい2国(又は地域)間協定であるFTA(自由貿易協定)EPA(経済連携協定)の締結を加速化しています。最近では、米韓協定締結が報道されています。世界各国の大型交渉で出遅れた感が否めない日本は、通商戦略の練り直しを進め、アジア各国との協定締結交渉が具体化されてきています。

2国(又は地域)間協定に伴い、それぞれの国で生産されたことを証明する原産地証明書で、関税の減免を受けることになります。

関連コラム:
日本のEPA締結国 2011/7/25
フェアトレード 2010/2/1

2007/4/16

世界の動きの関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら