世界税関機構(WCO)は、来年1月からの次期事務局長の改選選挙で、アジア地域から初となる日本人(財務省出身の御厨 邦雄(みくりや・くにお)氏・WCO事務局次長)を選出したと報じられています。|世界税関機構WCO初の日本人事務局 貿易実務

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

世界税関機構WCO-アジア地域から初の日本人事務局長就任

世界税関機構(WCO)は、来年1月からの次期事務局長の改選選挙で、アジア地域から初となる日本人(財務省出身の御厨 邦雄(みくりや・くにお)氏・WCO事務局次長)を選出したと報じられています。

世界税関機構(World Customs Organization、略称WCO)とは、世界各国の関税制度の国際調整(=HS条約の維持・管理)や偽ブランド品対策など知的財産権保護を推進。同時に、原産地規則などの検討も行っている税関手続分野における国際機関であり、173ヶ国・地域が加盟。

関連コラム:
関税率品目分類の変更 2007/4/3

2008/6/30

世界の動きの関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら