銀行は印鑑をとても大切にします。考えてみれば印鑑を使用している国は東アジアのごく一部の国です。それ以外の国や地域はサイン取引ですので、印鑑に固執するわけにはいきません。|サインは印鑑の代わりにあらず!

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

サインは印鑑の代わりにあらず!

pic_bank_20170218

外為では当たり前のことが、普通の銀行業務ではレアケース。こんなことがよくあります。今回はそんなことの一つです。

銀行員は印鑑をとても大切にします。皆さんが窓口で何かを依頼しようとすると、「今日は印鑑をお持ちでしょうか?」と担当者から聞かれます。まるで合言葉のようです。

昔の人はここの部分をつかまえて、「銀行に行くときは、傘は忘れても印鑑は忘れるな!」とよく言ってました。さすがに今はそうではありませんが、それでも何か手続きするときは、印鑑を求められます。

これは皆さんとのやり取りで何か問題が発生したときには、銀行としては、皆さんからの依頼だという証拠が必要なのです。印鑑をついてもらうのはその重要な証拠となるのです。依頼書などに届け出印(ここ肝心です)が押してあれば、銀行は事前に皆さんの意思確認を行ったとの証拠となり、銀行に責任なしと判断されることになります。(これを免責といいます)

皆さんの側から言えば、銀行というところは何かと言えば、すぐに「印鑑!印鑑!」と本当にうるさい!となりますが、そんな事情が隠されているわけです。

さてそんな印鑑ですが、法律上は個人取引の場合、印鑑は必須ではありません。署名(いわゆるサインです)でOKなのです。銀行によって、個人は署名だけで口座開設OK。というところも出てきましたが、まだまだ印鑑は必要とされるようです。

たとえサインでOKであっても、印鑑はお持ちですか?といったやり取りをしたうえで、やおらペンで印鑑代わりに所定欄に書き込むとなります。人によっては書いた部分をグルッと丸で囲む。このようにされる人もいます。(印鑑を押したイメージでしょうか)こんなに大事にしている印鑑ですが、外為取引では基本的には一切使いません。

考えてみれば印鑑を使用している国・地域は、東アジアのごく一部の国です。(台湾、韓国、中国などです)それ以外の国や地域はサイン取引ですので、外為がそれらの国や地域を相手にする以上、印鑑に固執(こしゅう)するわけにはいきません。

サイン取引が大原則となるわけです。もちろん皆さんが銀行に提出する書類は、印鑑であっても構わないはずですが、
他はみんなサインなのにそれだけ印鑑というのも、何だか変ですし、皆さんも銀行も余計な手間です。さらに外為の書類は英文のものが多く、サインで統一したほうがスマートです。

そんなこんなで、サインをお客様にお願いするわけです。ただいくつか留意点があるので、ここではそれをお示しして、今回は終わりにしたいと思います。

2017/02/18

貿易と銀行実務の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら