コルレス銀行には2種類あります。一つは単にコルレス契約で資金の授受方法を定めるだけで、資金のやり取りは第三の銀行を使う場合です。「ノン・デポジタリー・コルレスバンク(ノンデポバンク)」と呼んでます。二つ目は一部でも資金のやり取りを、お互いが預金口座を持ち行う場合です。これは「デポジタリー・コルレスバンク(デポバンク)」と呼んでいます。|決済資金を少しでも早く受け取りたい!

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

決済資金を少しでも早く受け取りたい!

pic_bank_20180908

貿易取引で銀行が登場するのは、主として資金決済の場面です。

輸出であれば資金の受け取り。輸入であれば資金の支払いの場面です。

輸出業者にとって資金を受け取らないことには、次の商売の仕入れすら出来ないので、当たり前ともいえますが。

この資金を早く受け取る事。これには意外な点がポイントになります。今回はそのお話です。

外為に関する書籍やネット記事を見てみると、よく「コルレス契約」とか「コルレス銀行」といった言葉を目にします。ここでは中身の説明は、やや話が外れるので割愛しますが、今の外為ではこれらを意識しなくとも、大きな障害は無くなっています。

しかしもうちょっと突っ込むと、皆さんにもメリットが出てきます。でここで、少し突っ込んでみようと言うわけです。実はコルレス銀行と言った場合には、2種類の銀行が存在します。

一つ目は単にコルレス契約で資金の授受方法を定めるだけで、具体的な資金のやり取りは第三の銀行を使う場合です。これらの銀行は「ノン・デポジタリー・コルレスバンク」とか、単に「ノンデポバンク」と呼んでます。皆さんにとっては、コルレスのない銀行と余り変わりません。

これに対して二つ目のカテゴリーの銀行は、たとえ一部でも資金のやり取りを、お互いが預金口座を持ち合うことにより行う場合です。これは「デポジタリー・コルレスバンク」とか、単に「デポバンク」と呼んでいます。

実はこのパターンの銀行が皆さんのお役に立つのです。では具体的にどうお役に立つのでしょうか。

輸出の場合では代金回収をより確実にするのに、一番手っ取り早いのは、決済資金を日本国内で確保することです。通貨は主として日本円ですが、海外の銀行が自分の取引銀行に預金口座を持っていてくれれば、その口座から出金してお終い。こういう上手い具合になります。

どの銀行が口座を持っているかは、銀行は対外的に公表してませんので、理由を話してどの銀行かを、教えて貰う必要があります。

メガバンクでコルレス銀行が複数ある国・地域なら、その中の一行ぐらいには円口座を預かっている銀行があります。その銀行を使って資金回収を図るわけです。この方法の良い点は、第三国(特にアメリカ)の影響を回避出来る点です。

外為をやっていると、どうしてもアメリカの影響は避けられません。お互いが了解してもアメリカの規制が入ると、取引が止まってしまいます。それを避けることが出来るのです。USDは大変取引しやすい通貨ですが、こういったデメリットもあると、気をつける必要があります。

過去、イランやキューバ、ミヤンマーといった国との取引では、相手銀行の預かり円口座で、随分取引が成立しました。しかも円取引であれば為替リスクも避けられます。

もし輸出取引で資金回収に難儀しているのであれば、自社の取引銀行が預かっている円口座の銀行を、輸入者に使ってみてくれないかと提案するのも一方と思います。

上手くすれば為替リスクもヘッジできるので、一石二鳥ともいえます。

2018/09/08

貿易と銀行実務の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら