オプション取引・スワップ取引というのは、デリバティブ取引の一種で、金融派生商品を対象とした取引です。先ずオプション取引ですが日本語では選択権取引と言われます。オプションを持った側がこのオプションの権利を行使するかしないか選択権を持っていることに由来します。スワップ取引は通貨を交換したり、金利を交換したりします。|ところでオプション・スワップ取引って何よ?

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

ところでオプション・スワップ取引って何よ?

pic_bank_20190125

このごろ新聞やネット上で、オプション取引とかスワップ取引とか、何やら東京地検特捜部絡みで話が飛び交っています。

なんとなくみんな一応の理解が有るようなのですが、折角の機会なので、この場で整理してみたいと思います。

このオプション取引・スワップ取引というのは、デリバティブ取引の一種で、金融派生商品を対象とした取引です。本来の商取引とは異なります。

余り大きな声では言えませんが、目に見えないが頭で考えたもの。こんな理解でもとりあえずOKです。

しかしやはりこれではサッパリ分かりません。少し具体的に見てみます。

先ずオプション取引です。

これは日本語では選択権取引と言われます。これはオプションを持った側がこのオプションの権利を、行使するかしないか、選択権を持っていることに由来します。取引相手にオプション料を支払ってこの権利を入手しますが、自分に有利にしようとするとこのオプション料が跳ね上がり、取引としては非常にうま味がなくなってしまいます。

このオプション料の負担を消すために、逆サイドのオプションをかけることもあります、これをやるとリスクが大きくなることも多々有りで、大きな問題になってました。これゼロコストオプションと呼んでましたが。「なにがゼロなもんか」と心の中で思ってたのも事実です。

次にスワップ取引です。

これは日本語で言うと、交換取引でしょうか。すなわち通貨を交換したり、金利を交換したりします。一番分かり易いのは、変動金利と固定金利の交換です。いま変動金利の借入をしていた場合、近い将来金利が上昇する。

こう判断した場合、変動金利の借入はそのままにして、変動金利の渡し・固定金利の受け、このスワップ取引を締結します。
これで借入金利は固定化され、将来の金利上昇リスクがヘッジできます。

以上オプション取引、スワップ取引と見てきました。じつはこれらの取引自体に犯罪性は全くありません。にもかかわらず「デリバティブ取引=諸悪の根源」。

こんな図式が出て来そうな気がします。過去の既視感からだと思います。この件の最大当事者の方は、自らが最高経営幹部であることは自覚され、相当程度以上の報酬を当然受ける権利を有するという認識のもと、デリバティブ取引をされたようです。この時損失が発生しなければ、どこにも損失付替などする必要は無く、今回のような疑いは発生しなかったはずです。

しかし発生した損失を会社に付け替えようとしたり、証券取引等監視委員会の指摘で元に戻して、その際に海外から保証を取り付けたりと、複雑なことをされました。これらは本来の取引とは無縁のものです。

私としては取引当事者の銀行が、最善の対応をしたのか。大変気にしています。ここが明らかになると、事件の全容がより明確になると思います。

2019/01/25

貿易と銀行実務の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら