商売相手として手強い3強は、華僑・印僑・ユダヤ商人と言われます。しかし負けず劣らず手強いのがナイジェリア商人ではないかと個人的には思います。時は遡ること何年も前の盛暑のころでした。ある日突然電話が外国課宛に掛ってきてました。相手は近隣のS社の営業担当者を名乗り、海外の取引先の口座を作りたいと。|謎のナイジェリア人。口座開設に現る!?

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

謎のナイジェリア人。口座開設に現る!?

pic_bank_20190923

商売相手として手強い3強は、華僑・印僑・ユダヤ商人と言われます。

しかし負けず劣らず手強くて、しかも気をつけなければならないのは、ナイジェリア商人ではないかと、個人的には思います。

過去私も危うい経験があります。今回はそのお話しです。

時は遡ること何年も前の盛暑のころでした。ある日突然電話が外国課宛に掛ってきてました。

相手は近隣のS社の営業担当者を名乗り、海外の取引先の口座を作りたい。こんな内容です。

このS社。聞けば誰もが知っている世界的なメーカーです。当時、S社のメインバンクは別の銀行でして、当行にはペティキャッシュ(当用の小口現金)の口座があるのみでした。近隣だったので、なんとか取引のきっかけをつかみたかったのですが、S社を訪問しても玄関で門前払いという情けない状態でした。

そんなS社からのオファーです。思わずヤッター!!となってしまいました。程なくしてS社担当者と海外の取引先が来店してきました。当方は、私と若手(英仏両国語が分かる)の二人です。丁重に応接室に案内しました。

まずS社担当者がナイジェリア人を紹介しました。見るからに「アフリカ」という感じの彼は、口座を開設したいと申し込んできました。(ここは英語です)更にたたみかけるように仏語は出来るかと聞いてきたので、当方の若手が出来ると言うと、いきなり仏語で話し出しました。何となく流れで英語に戻せなくなって、以降私は添え物状態でした。

それでも口座開設目的は聞く必要があります。それによると開設した口座には、日本全国から回収代金が入金される。それを年に1・2回本人が来日して、母国へ送金する。こんな説明でした。後で思えば仏語にこだわったあたりで、疑問を持つべきでした。英語で話を続けるとS社の担当者にも分かるので、わざと仏語で話したのでしょうか。とにかくよろず相手ペースだったのが正直なところです。

しかし言うべきことは言わねばなりません。口座開設には日本における代理人が必要。これが言うべきことです。融資ではなく預金なので、日本における連絡先程度の意味です。その話を聞くとナイジェリア人は当然のように、S社がその任に当たると仏語で話します。私は軽く同意を求めるつもりでS社担当者に聞くと(もちろん日本語です)即答で『NO』が返ってきました。よく聞くとこのナイジェリア人に同行してきたのも、彼が銀行で口座を作りたいというので案内してきただけで、単に個人的な親切心であって会社とは一切関係ない。こう言われてしまったのです。

その瞬間、やばい!まずい!この話!自分の顔から、スーッと血の気が失せるのが分かりました。ナイジェリア人と仏語で奮闘している担当者を制して、『日本での代理人がいないと、口座開設は難しい。』こう言えと指示しました。どうせ日本語は分からないので小声ではありません。それまで得意げに口座開設は双方にメリットがあると、喋っていたナイジェリア人は、この発言を聞いて押し黙ってしまいました。

気まずい沈黙の後、彼は口座不要と言い出して、広げていた書類を片付けてそそくさと出て行ったのです。S社担当者は慌てて追いかけて出てしまいました。我々はあっけにとられて応接室に残されたままです。結局、この話はここで終わったので、詐欺話かどうかは分かりませんが、マネーロンダリング防止の観点から言えば、開設させなかったのは良かったのかもしれません。

後で上席に報告した時に、『S社と関係ないのなら、無理する必要は無い。』と言われたのが、結局唯一の救いとなったのでした。

2019/09/23

貿易と銀行実務の関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら