私は「カストディアン」でした。ここでお話ししているカストディアンとは、海外投資家に代わって有価証券を管理する日本の代理人のことです。銀行や証券会社がカストディアンになる事が多いようです。日本にいるぐらいですから、海外にもいます。この場合彼らは日本の投資家の代理人になります。|私は「カストディアン」 でした!

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

私は「カストディアン」 でした!

カストディアン

今回は謎めいた調子で、始めさせて頂きます。

私は「カストディアン」だった。これがタイトルです。

ところで「カストディアン」て何だと思いますか?
レストランの名前?イエイエ。
インディアンの親戚?イエイエ。
酒粕でできた何か?イエイエ。
すべて全く関係ありません。

此処でお話ししている「カストディアン」とは、海外投資家に代わって、有価証券を管理する日本の代理人のことです。

銀行や証券会社が「カストディアン」になる事が多いようです。日本にいるぐらいですから、海外にも「カストディアン」はいます。この場合彼らは日本の投資家の代理人になります。で、私はこの「カストディアン」を、ほんの半年ですがやってました。

この仕事非常に特殊です。担当者は広い銀行内に私だけ。上席者はいるのですが、単に事務検証をしてくれるだけ。指示命令のラインは、直接海外投資家につながってました。つまり私は海外投資家の使用人みたいなものです。

そして何をやっていたかというと、早い話が株券の受渡と保管。海外投資家から持ち株を売却したと知らせが入れば、預かり保管している株券から必要数を抜き出して、兜町にある証券代行業者に持ち込む。逆に購入したと連絡してきた場合は、代行業者が店頭に持参してくるので、それを受け取って金庫に保管する。これの繰り返しでした。

こんなものは営業店の業務でも何でもありませんので、事務手続きなどはありません。あるのは先輩作成の手書きのノート1冊。ここに先方指示のひな形や、こちらからの応答ひな形。株券の持込方法と場所。受取株券の保管方法等が、記載されてました。

相手の海外投資家(世界的な食品メーカー)は財力があったので、売買は結構頻繁で、ほぼ毎日株券の出し入れがありました。当時の思い出として、なんと言っても強烈なのは株券の持ち出しです。地下の大金庫を開けて入り、さらにその中にある現金金庫室に入ります。さらに中のキャビネットから株券を取り出します。もちろん1人で入れませんので上席者と一緒です。

出庫手続きを終えると、現物を証券代行業者へ持ち込みます。これは現金輸送と同じなので、電車に乗ってとは行きません。公用車に恭しく載せて頂くことになります。(私をでなく株券をですが)この公用車、実は役員専用車です。黒塗りの立派な車です。本来なら若手のペーペーが乗れるわけありません。しかし「カストディー業務」には特別に許可が出ていて、何時でも利用できるようになっていました。

利用するときは、運転手詰め所に電話して一台準備して貰います。私が車寄せに行くと、出庫アナウンスと共に黒塗りが目の前です。株券と共に乗り込みます。と、ガードマンが一斉に敬礼。何か偉くなった気分です。

しかしこの私のカストディアンは半年で終わりました。別に首になったわけではありません。転勤になったからです。でも今思い返しても何とも不思議な光景でした。

(注)上場会社の株券は2009年に全て電子化されました。今、保管業務は無いと思います。

2020/04/30
おすがっぱ

貿易と銀行実務の関連記事

らくらく貿易は東京都主催「2020TDM推進プロジェクト」に参加しています。

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る



節税&投資教科書"

ビジネス書籍ランキング2位。当サイトパートナー総合会計事務所emz代表執筆