米国では、鉄道輸送と海上輸送または航空輸送を組み合わせた複合輸送取引があることから、 INCOTERMSと解釈が異なる米国特有の貿易条件が規定されております。|米国貿易特有の条件

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

米国貿易定義 

米国には独特の貿易条件(米国貿易定義、注*)があることをご存知でしょうか?
米国では、鉄道輸送と海上輸送または航空輸送を組み合わせた複合輸送取引があることから、 INCOTERMSと解釈が異なる米国特有の貿易条件が規定されております。

INCOTERMSFOB条件では、港湾や空港での積込みまでの費用・危険を売主が負担しますが、米国では、港湾に面した場所からではなく、内陸の輸出地点から輸出するケースがほとんどです。そのため、輸出地に近い指定業者倉庫渡し=FOB条件という解釈が行われています。

例えば、FOB New Yorkの場合、輸入者が指定した運送業者の倉庫までの輸送費とリスクは当然輸出者の負担となりますが、倉庫搬入後の輸出経費とリスクは買主負担となります。
輸出者は、指定倉庫に引渡した時点で責任終了となり、その後の港湾や空港ターミナルへの運搬期間中と貨物搭載するまで(INCOTERMS本来のFOB条件)のリスク負担を輸入者が負っていることになります。

米国貿易定義での取引の場合には、保険契約する際に保険会社に申告しておくことも大事です。米国からFOB条件で輸入したが、改正米国貿易定義による取引条件であったことを輸入者が認識せずに、貨物海上保険契約をしたが、事故発生原因が輸出地での本船搭載前に起こったと認定され、保険会社からの保険求償が受けられなかったケースもありますので、注意が必要です。

(*)改正米国貿易定義(Revised American Foreign Trade Definitions, 1941)
米国では、大陸横断鉄道を利用した取引または海上輸送と鉄道輸送を組み合わせた複合輸送取引があることから、米国特有の貿易条件が規定されている。

国際商業会議所規定のINCOTERMSのように、法的拘束力がないため、国際的にはあまり使われていませんが、念のため、米国と取引する場合には確認が必要です。

2006/4/14

貿易のしくみの関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら