海とともに、船とともに発展を重ねてきた日本の海運業界では、7月20日を「海の記念日」として、長いこと海に感謝をしてきました。|海の日 海の記念日

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
検索

海の日(3) 

7月16日は「海の日」の祭日です。
明治天皇が東北巡幸の帰路、灯台視察船で青森から横浜へ戻られたのが、明治9年7月20日でした。海とともに、船とともに発展を重ねてきた日本の海運業界では、これに由来して、 7月20日を「海の記念日」として、長いこと海に感謝をしてきました。

「海洋国家として、広く国民に海への理解と関心を求める日」として、平成8年に「海の日」が国民の休日として定められ、その後、7月の第3月曜日となりました。
貿易立国である日本の歴史は、海運の歴史でもあります。また、日本の輸出入は、ほとんどを海上輸送に依存していることを考えると、「海の日」をよりいっそう理解する必要があると思います。
「みんなで海のことを考え、海に親しみ、海を大切にしましょう」 (日本海事報道協会の標語)

関連コラム:
海の日にちなんで – 日本近海は恐ろしい 2011/7/19
海の日にちなみ-ビジュアルでわかる「船と海運のはなし」 2006/6/20
海の日(2) 2005/8/1
海の日、海の月間 2005/7/15

2007/7/3

貿易カレンダーの関連記事

お知らせ

貿易・海外展開を学ぼう

国際物流ナビ

効率的な物流を行うには?

銀行と上手くつき合う

キャリア35年の元銀行マンが本音で語る

ノンジャンルコラム

日本と世界の今を感じるハッピー通信

広告掲載はこちら